台湾で安く快適にネット環境をつくれるコツを教えます

台湾的Wi-Fルーター-台湾を安く快適に遊ぶ-




FUN-wifi Wi-Fi 台湾旅行

【台湾Wi-Fiルーターレンタル口コミレビュー】Fun Wifiを3日間使用したよ、設定方法+料金+申し込み方法を詳しく解説

更新日:


これまで数社のレンタルWi-Fiルーターを使って台湾旅行をしてきましたが、台湾現地の空港で受取と返却ができる「Fun WiFi」が便利でした。
しかも台湾最大の通信会社である「中華電信」の4G回線が無制限で使えるので、1台のルーターで家族と一緒に使い倒しました。

そんなFun WiFiが、どのくらい便利だったのかを紹介したいと思います。

ちょっと長いですが、最後まで読めばFun WiFiがどのくらいお得で便利なのか分かると思います。


台湾旅行に最適なWi-Fiルーター選び

今まで、台湾旅行で色んなWi-Fiルーターを使用してきました。
レンタル費が安いけど1日の通信料(250MBとか)が決まっていたり、ルーターを自宅配送にすると料金がかかったり、空港のカウンターで受取や返却をする時に混んでいて待たされたりなど不満なところが多々ありました。

台湾桃園空港で受取・返却できるFun Wi-Fiルーター

そんな不満を解消してくれたのが、「Fun WiFi」ルーターでした。
Fun WiFiは、最速の「4G回線が無制限」で使えて、台湾の「桃園空港で受取と返却ができる」のです。

Fun WiFiの4G回線は、台湾最大の通信会社である中華電信のものを使用しているので、台湾各地でスムーズにネットができました。また1日の通信量の制限がないため、家族と一緒に使用したり、スマホとタブレット、またはパソコンと一緒に使えるのも便利でした。

レンタル費用ですが、1日680円で借りることができます。
ルーターの運送費は、桃園空港で受取と返却をすれば、運送費は一切かかりません。
ルーターを日本に持ち帰る必要がないので、荷物がかさばらないのが嬉しいですね。

ですので、桃園空港で受取・返却をすれば、費用は「680円x使用日数」だけです。
その他に補償サービスやモバイルバッテリーレンタルなど必要なものを追加すればよいでしょう。

今回、Fun WiFiを3日間使用して費用は3390円でした。
この金額で、家族で一緒に4G回線を無制限で使えたので満足です。

Fun WiFiの申し込み方法

それでは、今回使用したFun WiFiの申し込み方法をご紹介したいと思います。

Fun WiFiは、スマホやPCから申し込むことができます。
Fun WiFi公式サイト

申込みはサイトの下部にある「今すぐ予約」を押します
今回は、台湾桃園空港での受取方法を選択
1日680円で4Gが無制限で使用できます
ルーターの使用日を選択します
レンタル費+補償サービス+バッテリーで3390円
個人情報を入力します
桃園空港のターミナル、フライトナンバー、受取時間を入力します
利用規約をチェックして、「予約する」をタップします

クレジットカード情報を入力し、下部の緑のボタンをタップします
※Fun WiFiは、クレジットカード、デビットカード共に使用できます。
これで予約完了です
予約が完了すると、入力したメールアドレス宛に完了通知のメールが届きます

予約完了のメールが届きます

台湾桃園空港でルーターを受け取る方法

Fun WiFiの受取・返却カウンターは、桃園空港第1ターミナル、第2ターミナル両方にあります。
まずは第1ターミナルカウンターの行き方から紹介します。

桃園空港第1ターミナルでルーターを受け取る場合


注意

桃園空港第1ターミナルの「FunWifi」ルーターの受取・返却の場所が変更しています。
元々のカウンターが現在なくなり、出発ロビー右奥にある「ペリカン便」のカウンターで「FunWifi」ルーターの受取・返却を行っています。

桃園空港第1ターミナルのペリカン便カウンターは24時間営業でいつでも受け取りと返却ができます

カウンターの係員さんに「パスポート」を見せて、サインをするだけでルーターを受け取ることができます
中国語ができなくても、簡単な英語で大丈夫です。

桃園空港第2ターミナルでルーターを受け取る場合

注意

桃園空港第2ターミナルの「FunWifi」ルーターの受取・返却の場所が変更しています。
元々のカウンターが現在なくなり、到着ロビー近くの「ペリカン便」のカウンターで「FunWifi」ルーターの受取・返却を行っています。

桃園空港第2ターミナルのペリカン便カウンターは24時間営業でいつでも受け取りと返却ができます

カウンターの係員さんに「パスポート」を見せて、サインをするだけでルーターを受け取ることができます
中国語ができなくても、簡単な英語で大丈夫です

ルーターを自宅配送した場合

桃園空港での受取ではなく、自宅に送ってもらう場合は、配送費として1000円(往復)がかかります。

Fun WiFiでは、利用開始日の数日前にルーターを発送してくれます
発送のメールが来るので分かりやすいです。
大きい紙袋に入れて届けてくれます
袋の中身です(この時はバッテリーはレンタルしてません)
ルーターの説明書
返却用レターパック。

Fun WiFiルーターの内容

桃園空港のカウンターでパスポートを提示するとルーターが入ったポーチを受け取ることができます。ポーチの中にはルーター1式が入っています。
桃園空港のカウンターでルーターが入ったポーチを受け取りました
ポーチの中身は、ルーター、充電セット、バッテリー(借りた場合)
台湾での充電はこのようにしてできます

【注意】台湾現地でルーターを使用する前に

各携帯キャリアには、申込不要の国際サービスがあります。
ドコモの「海外パケ・ホーダイ」、auの「海外タブル定額」、ソフトバンクの「海外パケットし放題」などがあります。

各社の国際サービス 費用
ドコモの「海外パケ・ホーダイ」
1日上限額「2980円」
24.4MBまでなら「1980円」
auの「海外タブル定額」
1日上限額「2980円」
24.4MBまでなら「1980円」
ソフトバンクの「海外パケットし放題」
1日上限額「2980円」
25MBまでなら「1980円」

各社申込不要で使いやすそうですが、費用が1日2980円とかなり高額なので、このサービスを使わずルーターのWi-Fiを使用したほうが安く済みます。

上記の国際サービスを使わずにWi-Fiルーターを使用するには、「設定」の中の「データローミング」を「オフ」にするだけです。
iPhoneとAndroidスマホで、「データローミング」を「オフ」にする手順を説明します。

iPhoneで「データローミング」を「オフ」にする方法

設定をタップします
モバイルデータ通信をタップ
通信のオプションをタップ
データローミングを「オン」から「オフ」にする
データローミングが「緑」から「白」になればOKです

Androidスマホで「データローミング」を「オフ」にする方法

設定をタップ
モバイルネットワークをタップ
データローミングのチェックをタップします
データローミングのチェックが外れていればOKです

これで携帯キャリアからの高額国際サービスを防ぐことができます。
次はFun WiFiルーターの使い方を紹介します

Fun WiFiルーターの使い方

Fun WiFiルーターは、正面に2つのボタンがあります。
右側のボタンが起動ボタンです。
左側のボタンがモニター表示の切り替えボタンです。
左側にSIMカードの差し込み口があります。
一番右にあるボタンを押して起動させます
画面にルーターのSSIDとパスワードが表示されます

iPhoneでWi-Fi接続する場合

設定をタップします
Wi-Fiをタップします
ルーターの画面に表示されているSSIDをタップします
ルーターの画面に表示されているパスワードを入力します
「MF-910_◯◯◯◯」にチェックが入ればWi-Fi接続成功です

AndroidスマホでWi-Fi接続する場合

設定をタップ
Wi-Fiをタップ
ルーターの画面に表示されているSSIDをタップします
ルーターの画面に表示されているパスワードを入力します
「MF-910_◯◯◯◯」に「接続済み」と表示が出ればWi-Fi接続成功です

台湾旅行でFun WiFiを実際に使用してみた結果

嘉義駅前で計測してみました。
「33.10Mbps」が出ました。快適にネットできました。

台南にある赤崁楼で計測。
「22.40Mbps」が出ました。

今回は、台湾南部旅行で3日間使用しました。
嘉義や台南では、スムーズにネットを使うことができて満足です。
1台のルーターで5台までつなげるので、家族全員で使用できました。

Fun WiFiを桃園空港で返却する方法

ルーターを返却する時は、桃園空港のペリカン便カウンターに行き、そのまま係員さんに渡せば大丈夫です。
下記のペリカン便カウンターは、24時間営業ですので深夜時間でも返却ができます。

桃園空港第1ターミナルペリカン便カウンター

桃園空港第2ターミナルペリカン便カウンター

これでルーターのレンタル行程は全て終了です。

 

まとめ

今回、Fun WiFiを台湾旅行で使用して、使い方やレンタル費用、受取・返却方法をまとめてみました。
ルーターを台湾桃園空港で受取・返却するとかなり安く使えるのでオススメです。
ぜひ中華電信の4GLTEを体感してみてください。

Fun WiFiは、こんな方にオススメ!

ポイント

◯最速の中華電信4G回線を無制限で使いたい
◯家族や友達と一緒に使って、ネット代を安くしたい
◯レンタルルーターを日本に持ち帰りたくない
◯ルーターの受取・返却は現地で済ませたい

それでは皆様、台湾旅行をお楽しみください!



台湾専用Wi-Fiルーターランキング

台湾現地で使える台湾専用Wi-Fiルーターのランキングです。どのルーターも台湾で実際に使用しました。詳しくは詳細記事をご覧ください

【1日590円4G無制限・送料無料】台湾データWi-Fiルーター

1日590円で台湾全土で4Gが使い放題できるレンタルWi-Fiルーター。5台同時に接続可能。自宅配送(往復)無料

【1日680円4G無制限・桃園空港受取返却可能】Fun Wifi・Wi-Fiルーター

1日680円で台湾全土で4G容量無制限。台湾桃園空港で受取・返却ができる。台湾最大キャリアの中華電信の4GLTEが使い放題

【台湾専用ルーター、プラン豊富】Wi-Ho!Wi-Fiルーター

台湾専用4GLTEのレンタルWi-Fiルーター。国内6つの空港で受取・返却が可能。各種プランが豊富。










RECOMMEND

1

ハジメテどうしよう!桃園空港で買おうとしてたパイナップルケーキのお店「サニーヒル」が見つからないんだけど! マカセテここは、第1ターミナルだから、第2ターミナルまで行かないとお店がないんだよ。 ハジメ ...

2

台湾旅行で必ず必要なのがネット(Wi-Fi)環境です。 台湾には無料で使えるWi-Fiがいくつかありますが、中でも台北市内で使用できる「Taipei Free」がわりと有名です。 今回は、この「Tai ...

3

ハジメテどうしよう! マカセテどうしたんだい? ハジメテ実は、今日の夜のフライトで日本に帰る予定だったんですけど、フライトが遅れて、明日の朝のフライトになってしまったんです。 ハジメテこれから朝まで、 ...

4

2016年11月に建てられた台中バスターミナル。 20路線以上のバスが発着する台湾中部最大の長距離バスターミナルです。 台鉄台中駅から近いので、電車への乗り換えがとても便利な立地にあります。 今回は、 ...

5

台湾のバス会社で有名な国光客運バスターミナルが、台北駅近くに4つあります。 ◯台北駅バスターミナル ◯東三門バスターミナル ◯鄭州(北一門)バスターミナル ◯台北轉運站(台北バスターミナル) 長距離バ ...

-FUN-wifi, Wi-Fi, 台湾旅行

Copyright© 台湾的Wi-Fルーター-台湾を安く快適に遊ぶ- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.